信用情報照会
ご自身の信用情報を確認したことはありますか?

生活のほぼ全てにかかわる信用情報ですが、実際は貸金業者等が申請したお客様の情報を情報機関が載せるだけであり、情報の登録や抹消についてお客様には一切連絡はありません。
その為、借りていた際にどのような事故情報を載せられても自分では気づくことが出来ません。
このようなシステムの為、万が一貸金業者が誤った情報を掲載したとしても信用情報を開示しなければ気付く事すら出来ず、自分の知らない間にお客様の信用が傷ついてしまっていることもございます。
もしそのせいで数年後、ローンの審査が通らなかったとしても手遅れになってしまう危険性もあります。
ご家族の為にも、1度でもサラ金での借入やクレジット・ローンのご経験のある方はしっかり自分の事故情報を確認して、今後の安心を手に入れて下さい!

アヴァンスがあなたに代わって申請書類を作成します。

アヴァンスでは下記の信用情報機関に対応しています。

対象信用情報機関
JICC
(日本信用情報機構)
CICJBA
(全国銀行協会)
消費者金融(サラ金)全般・一部の信販(クレジット)会社の借入利用情報 信販(クレジット)会社全般・携帯電話会社・大手の消費者金融(サラ金)の借入利用情報 銀行・信用金庫等の借入利用情報

信用情報機関とは

各信用情報機関は会員会社(*)から登録された信用情報(個人の信用を客観的に表したデータ)を管理し、会員会社からの照会に応じて信用情報を提供しています。

*会員会社とは…信販会社、消費者金融・銀行等の金融会社、保証会社、リース会社など

実際にあったご相談

相談者Aさん
「カードが作れないのは…?」
(誤った情報が載せられていたケース)
ガソリンなどのカードの審査が通らないのでおかしいなと以前から思っていたので、今回調べて頂いたのですが、以前使っていたカード会社が誤った借入情報を載せていたことが分かりました。現在はそのカード会社に訂正依頼をしているところですが、調べなければ気づかないところでした。本当に感謝しています。
A様の情報を確認すると、既に完済されてらっしゃる業者なのに、まだ借入が残っているという誤った情報が登録されていることが判明しました。A様からその業者に対し訂正依頼をかけて頂いておりますが、A様の信用回復の一助になれ、良かったと思います。
相談者Bさん
「審査が通らない原因は…?」
信用情報を調べればクレジットカードや車・住宅ローンの審査が通らない原因はわかるのでしょうか?
カード・融資の審査はお客様のご勤務先や勤務歴、ご収入と信用情報等により多角的に判断されますので100%原因特定できるものではありませんが、少なくとも信用情報上、問題となる情報が登録されているか、いつになればそれが抹消されるかということを行政書士が説明させて頂きます。 他の要件でお心当たりがなければ、ほぼ原因は特定出来ると思われます。
相談者Cさん
「信用情報の内容がわからない…」
信用情報を取り寄せたけどその内容がわからないのですが?
信用情報は元々金融業者の審査のための書類ですので、一般の方に馴染みのない文言や登録が含まれていますので、取り寄せてもわからないケースはあると思います。
アヴァンス行政書士法人では信用情報の開示書類作成はもちろんですが、開示された信用情報の内容についても行政書士がご説明させて頂きます。取り寄せたが登録されている内容が分からないということは御座いませんのでご安心下さい。

信用情報開示までの流れ

信用情報の開示に必要なことはアヴァンスが行います。
お客様の手間はほとんどありません。
信用情報開示までの流れ

信用情報開示請求の費用

(消費税別・実費は別途)
信用情報開示請求1機関あたり 10,000円
※信用情報に関するお問い合わせは無料です。
お問い合わせ

民泊運営物件

民泊運営物件

民泊運営できるか無料で診断『民泊判定シミュレーター』 『適法』民泊代行サービス