帰化・在留許可申請
行政書士に依頼する意味

在留許可申請等は様式が整えば誰からでも申請可能です。
では何故費用を払って申請取次資格を有する行政書士に依頼するのでしょうか?
書類を集めたり申請書を作成したりという面倒な作業を省く為でしょうか?
もちろんそれもありますが、目的はそれだけではありません。

許認可をするのは、あくまでも日本国の入国管理局や法務省(局)が行うものです。
そして許可不許可の判断根拠もまた、日本国の【出入国管理及び難民認定法】や【国籍法】であり、申請時点の所轄官庁の意向や政治的事情もかかわってきます。
だからこそ、日本国の法律専門家であり、かつ、入国管理局等行政官庁手続の専門家でもある行政書士が申請者様の事実と意向を、当許可官庁の意向に沿うように書類を整える方がよいということになります。

アヴァンスの強み
複数の申請取次ぎ資格を取得している行政書士が在籍していること
アヴァンスでは常時3名以上の申請取次資格を持った国際業務経験を有する行政書士が在籍しています。1名の知識や経験ではなく、複数の行政書士がいることでより多角的で多くの解決方法を検討できます。
また多くの行政書士が所属している為、1名の行政書士に業務が集中し、お客様が連絡を取りたいのに行政書士が多忙で連絡が中々取れないというようなことが起こりません。
アヴァンスでは1人のお客様に1名の行政書士が必ず専任で対応させて頂きますので、依頼者様と担当行政書士がマンツーマンで許可というゴールを目指すことが出来ます。
法人(会社)組織であること
行政書士のほとんど(99%)は個人事務所です。もちろん個人事務所でも能力の高い先生がたくさんいらっしゃいますが、行政書士は行政書士試験に合格すればだれでもいつでも登録出来ますので依頼の時点で依頼者様がその行政書士の能力や行ってきた業務量を判断することは非常に難しいと思います。
アヴァンスは大阪証券取引所と堺筋通を挟んだ真向かいのりそな銀行が1階に入っているビルに事務所を構えさせて頂いている行政書士の法人(会社)で御座います。
行政書士個人の能力の判断は難しいものですが、個人ではなく複数の行政書士が所属する法人(会社)であることと、事務所規模が大きいということは今までたくさんのお客様からご依頼を頂けているという証でも御座いますし、依頼者様の安心と信頼の判断基準のひとつにして頂けるのではないでしょうか。

帰化・在留許可の費用

(消費税別・実費は別途)
帰化申請給与所得者事業主・法人役員
160,000円210,000円
残留資格認定証明書交付申請
在留資格変更許可申請
経営管理以外経営管理
90,000円140,000円
在留資格更新許可申請経営管理以外経営管理
50,000円80,000円
永住許可申請100,000円
お問い合わせ

民泊運営物件

民泊運営物件

民泊運営できるか無料で診断『民泊判定シミュレーター』 『適法』民泊代行サービス