時効援用

あなたの『借金』『携帯電話代』『債権回収会社からの請求』支払い義務が消滅しているかもしれません

消滅時効の援用とは

消費者金融や携帯電話事業者、家主などの債権者へ最後に返済してから5年以上が経っている場合、消滅時効により支払い義務が消滅しているかもしれません。
この場合、債権者に対して 「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えること(消滅時効の援用)により、債権が消滅します。

※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

アヴァンスが選ばれる理由

時効援用ご契約件数:2016年度 1000件以上

アヴァンス行政書士法人は、内容証明郵便を作成する行政書士が複数名在籍し、業界トップクラスのご依頼をいただいております。
無料で時効かどうかチェックすることができます。

(プライバシー厳守!)

まずはご相談ください。

※消滅時効の援用をする場合は有料となります。

今すぐ時効のチェックをする(無料) お問い合わせ

時効援用のながれ

STEP1

時効援用についてのご相談受付

ご相談者様がお持ちの債権者との契約書、督促状などの書類を拝見させていただきます。

STEP2

契約手続き

当所からお客様に契約書を送付します。お客様にその契約書に捺印いただき必要書類とともにご返送いただきます。

※1 契約方法はご来所いただくか、メール、郵便で全国対応いたします。

※2 メールであればご返信いただければ即日、郵送であれば4~7日程度で契約完了 いたします。

ご契約後、原則ご相談者様ご自身で行っていただく作業はございません。

STEP3

時効援用の内容証明書発送

費用のご入金が確認でき次第、内容証明郵便で債権者に送付します。


STEP4

時効成立

時効の条件が揃っていれば、債権者からの督促や請求通知等はストップします。

※1 ご相談者様のご協力により、スムーズに手続きが進行しましたら、債権者からの請求等は
   1~2週間程度で止まります。(場合によっては3日程度で止まるケースもあります)

早ければ1~2週間ですべて終了します
債権者や裁判所から書類が届いたら…ご自身で行動される前にお問い合わせください

債権者や裁判所から書類が届いた際、慌てて債権者に電話をしたり、答弁書を提出すると時効の援用ができなくなるケースがあります。

【時効を妨げる事由とは?】

時効は、下記①~③の事由によって妨げられ、最終支払日から5年経過していても時効が成立しないことがあります。

①請求、 ②差押え、仮差押えまたは仮処分、 ③債務の承認

具体的には、『債権者から訴訟提起された場合』『内容証明郵便にて請求をされた場合』『債権者に支払いを約束した場合』等に時効の成立が妨げられる場合があります。

今すぐ時効援用の相談をする(無料) お問い合わせ

お客さまの声

自分で勝手に判断せず、専門の行政書士に相談して本当に良かったです。 (30代  男性) 督促に怯える日常から解放され、安心してゆっくり眠ることができるようになりました。 (20代  女性) 時効後の「ローンが通るか?」というような相談にも詳しく教えていただき頼りになりました。(40代  男性) 誰にも知られることなく、時効の手続きを完了することができました。 (30代  女性)

時効してもローンが通る?

延滞した借金を消滅時効で消せた場合、皆様が一番気にされるのは「カードや住宅などのローンが通るようになるか?」ということだと思います。
この回答としては「時期は人それぞれになりますが、時効が出来たら通るようになる可能性がある」ということになります。

これは信用情報の登録方法の問題なのですが、「時効援用した」という信用情報の登録が無いため、信用情報機関JICCにおいては「完済」という処理になり、信用情報機関CICにおいては「完了」という扱いになるのです。この扱いは利用者の方にとっては非常にメリットがあり、完済されたのと同じ情報であるため、その時点から一定期間経過すると事故情報が消えることになります。
(事故情報の登録箇所によってはすぐに消えるケースもありますが、これは信用情報を開示しないと分かりません)

※ローン審査は信用情報だけでなく、勤務年数や年収、勤務先など総合的な審査ですので信用情報がキレイになっても通らないケースは当然ございますのでご承知置きください。

アヴァンス行政書士法人は時効援用手続の専門家であるとともに、日本でも数少ない信用情報開示申請手続のプロ集団です。時効援用をご依頼頂いたお客様でご希望の方にはお客様の信用情報のご説明もさせて頂きますので安心してお任せください。

※別途費用必要となります。

手続き費用

2015年4月1日より
ご好評につき、消滅時効援用費用を減額しました

(消費税別・実費は含む)
通常債権
消滅時効援用 一律一件あたり 25,000円
費用上限 債権が複数件ある場合、総額100,000円(税別)を超えるもの
一律 100,000円 ※

※1 10件以上ご依頼いただく場合は応相談
※2 契約から1年以内の追加案件にも対応します。1年経過後の追加については新たな契約とさせて頂きます

借金、携帯電話料金、債権回収会社からの請求
の時効援用に対応しています

どこで借りたか(業者名)が分からなくてもお調べるすることも可能です。

今すぐ時効援用の相談をする(無料) お問い合わせ

民泊運営物件

民泊運営物件

民泊運営できるか無料で診断『民泊判定シミュレーター』 『適法』民泊代行サービス